千通貨単位の業者

  • HIROSE-FX
  • FXプライムbyGMO
  • MATRIX TRADER
  • FXブロードネット
  • 外為ジャパン
無料ブログはココログ

今日の日記 2021/01/15

今日の結果

 NZD 74.198 新規買い、決済買い
  
 CAD 約定無し      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 約定無し     
 
 
 
15日の米国株式市場でダウ工業株30種平均の終値は前営業日比177.26ドル安の30814.26ドル


15日のニューヨーク原油先物相場は反落
WTIで2月限の終値は前営業日比1.21ドル安の1バレル=52.36ドル


15日のニューヨーク金先物相場は続落
OMEXで取引の中心となる2月限は前営業日比21.5ドル安の1トロイオンス=1829.9ドル


15日のニューヨーク外国為替市場でドル円はもみ合い


本日これまでの参考レンジ
ドル円:103.62円 - 103.90円
ユーロドル:1.2078ドル - 1.2163ドル
ユーロ円:125.41円 - 126.22円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840
 1月 6日     917      2,192     3,109
 1月 7日     903        12      915
 1月14日     801   △    83      718
 1月15日     804        0      804


 1月計      4,328      2,058     6,386

  
 合 計       5,536      3,155     8,691

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2021/01/15

今日の結果

 NZD 約定無し
  
 CAD 82.000 新規売り、決済売り      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 約定無し     
 
 
 
14日の米国株式相場は上値が重い


NY原油先物2月限終値 53.57ドル +0.66


NY金先物2月限終値 1851.4ドル -3.5

 

14日のニューヨーク外国為替市場でドル円は戻りが鈍い
パウエルFRB議長の「厄介なインフレや不均衡がない限り、利上げしない」

本日これまでの参考レンジ
ドル円:103.57円 - 104.20円
ユーロドル:1.2111ドル - 1.2178ドル
ユーロ円:125.93円 - 126.53円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840
 1月 6日     917      2,192     3,109
 1月 7日     903        12      915
 1月14日     801   △    83      718


 1月計      3,524      2,058     5,582

  
 合 計       4,732      3,155     7,887

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2021/01/07

今日の結果

 NZD 約定無し
  
 CAD 約定無し      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 103.801 新規売り、決済売り     
 
 
 
7日の米国株式相場はしっかり


NY原油先物2月限終値 50.83ドル +0.20


7日のニューヨーク金先物相場は反発
COMEXで取引の中心となる2月限は前営業日比5.0ドル高の1トロイオンス=1913.6ドル


ドル円は底堅い



本日これまでの参考レンジ
ドル円:102.95円 - 103.96円
ユーロドル:1.2245ドル - 1.2344ドル
ユーロ円:126.92円 - 127.49円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840
 1月 6日     917      2,192     3,109
 1月 8日     903        12      915


 1月計      2,723      2,141     4,864

  
 合 計       3,931      3,238     7,169

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

面白かった本の個人的記録 その2

面白かった本の個人的記録 その2

「小説 会計監査」
著者:細野康弘
幻冬舎文庫


著者の細野氏は公認会計士である。小説は監査法人に勤めていた主人公の思い出話という感じで、四つの出来事について書かれている。

この四つの出来事とは、鐘紡の粉飾決算、UFJ銀行の合併、郵政民営化、日興証券の破綻であり、一般人が知りえない事項を会計士の目線で語られている。ただし、これは著者の回顧録的小説(フィクション)なのか、小説的回顧録(ノンフィクション)なのかはわからない。

ただし作り話だとしても面白いし、実話だったらたらさらに面白い。自分が会社に勤めていたころは会計監査をうっとおしいと思っていたが、その会計士にも大変な苦労があることが分かったし、永田町や霞が関、さらにはマスコミにもいろいろ裏があることを知らされた。

まあ、半分以上は作り話と思いながら読むのがちょうどいい。

 

今日の日記 2021/01/07

今日の結果

 NZD 75.002 新規売り、決済売り
  
 CAD 80.102 新規売り、決済売り      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 約定無し     
 
 
 
米国株相場、ダウ平均は伸び悩み
ナスダックはマイナス


6日のニューヨーク原油先物相場は続伸
WTIで2月限の終値は前営業日比0.70ドル高の1バレル=50.63ドル


6日のニューヨーク金先物相場は6営業日ぶりに反落
COMEXで取引の中心となる2月限は前営業日比45.8ドル安の1トロイオンス=1908.6ドル


米議会議事堂が暴徒により侵入されるなど前代未聞の状況が続いているが、金融市場は比較的に落ち着いている



本日これまでの参考レンジ
ドル円:102.59円 - 103.44円
ユーロドル:1.2266ドル - 1.2349ドル
ユーロ円:126.14円 - 127.24円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840
 1月 6日     917      2,192     3,109


 1月計      1,820      2,129     3,949

  
 合 計       3,028      3,226     6,254

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2021/01/04

今日の結果

 NZD 約定無し
  
 CAD 約定無し      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 102.898 新規買い、決済買い     
 
 
 
4日の米国株式相場は下げ止まり


NY原油先物2月限終値 47.62ドル -0.90


NY金先物2月限終値 1946.6ドル +51.5


ドル円はもみ合い
欧州通貨やオセアニア通貨に対してのドル買いで103円台を維持しているものの、上値も抑えられもみ合い



本日これまでの参考レンジ
ドル円:102.71円 - 103.32円
ユーロドル:1.2221ドル - 1.2309ドル
ユーロ円:126.10円 - 126.79円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840


 1月計       903   △    63      840

  
 合 計       2,111      1,034     3,145

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

面白かった本の個人的記録 その1

 

面白かった本の個人的記録 その1  

「世界を変えた10冊の本」
著者:池上彰
文春文庫

世界史に大きな影響を与えた10冊を池上彰が厳選し紹介。

なぜ国際社会がイスラエルの建国を認めたのか、旧約聖書と新約聖書の違い、キリスト教とユダヤ教さらにイスラム教との関係、9.11につながる道しるべ、遺伝子学の誕生、経済政策の根拠、公害への警鐘など現代の私たちの暮らしに大きく影響を与えた10冊が簡潔かつ明解に紹介されています。

1冊の文庫本で10冊分の知識が手に入る実に美味しい書籍。

アンネの日記
聖書
コーラン
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
資本論
イスラーム原理主義の「道しるべ」
沈黙の春
種の起源
雇用、利子及び貨幣の一般理論
資本主義と自由

 

今日の日記 2020/12/30

今日の結果

 NZD 約定無し
  
 CAD 約定無し      
 
 AUD 79.203 新規売り、決済売り
 
 USD 約定無し     
 
 
 
30日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発
終値は前営業日比73.89ドル高の30409.56ドル


30日のニューヨーク原油先物相場は続伸
WTIで2月限の終値は前営業日比0.40ドル高の1バレル=48.40ドル


30日のニューヨーク金先物相場は続伸
COMEXで取引の中心となる2月限は前営業日比10.5ドル高の1トロイオンス=1893.4ドル


ドル円は続落
欧州通貨やオセアニア通貨に対してドル売りが進むと、円に対してもドル売りが先行。節目の103.00円を下抜けて一時102.96円まで値を下げた



本日の参考レンジ
ドル円:102.96円 - 103.60円
ユーロドル:1.2247ドル - 1.2310ドル
ユーロ円:126.47円 - 127.14円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月29日     404       552      956
12月30日     804       545     1,349


12月計      1,208      1,097     2,305

  
 合 計       1,208      1,097     2,305

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2020/12/29

今日の結果

 NZD 74.201 新規売り、決済売り
  
 CAD 約定無し      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 約定無し     
 
 
 
29日のNY株式相場は反落。追加経済対策の増額期待などで主要3指数がそろって史上最高値を更新したが、増額期待の後退や欧米でのコロナ感染拡大などが嫌気され反落した。


29日のニューヨーク原油先物相場は反発
前営業日比0.38ドル高の1バレル=48.00ドル


29日のニューヨーク金先物相場は反発
前営業日比2.5ドル高の1トロイオンス=1882.9ドル

 

ドル円は反落



本日の参考レンジ
ドル円:103.46円 - 103.83円
ユーロドル:1.2208ドル - 1.2275ドル
ユーロ円:126.71円 - 127.23円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月29日     404       552      956


12月計       404       552      956

  
 合 計        404       552      956

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2020/12/21

今日の結果

 NZD 約定無し
  
 CAD 約定無し      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 103.801 新規売り、決済売り     
 
 
 
21日の米国株式相場は下値が堅い
ダウ工業株30種平均は5時30分時点では前営業日比12ドル高の30202ドルで推移


NY原油先物1月限終値 47.74ドル -1.36


NY金先物2月限終値 1882.8ドル -6.1

 

ドル円は上値が重い



本日これまでの参考レンジ
ドル円:103.25円 - 103.89円
ユーロドル:1.2130ドル - 1.2248ドル
ユーロ円:125.92円 - 126.67円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計

12月計       2,606       778      3,384 
 1月計       26,051       838     26,889
 2月計      71,447   △  3,352     68,095
 3月計      565,062   △ 116,829     448,233
 4月計   △ 151,240      27,637  △ 123,603 
 5月計   △ 193,361      30,677  △ 162,684
 6月計   △ 159,041      47,760  △ 111,281
 7月計      12,042   △  8,519     3,523
 8月計      8,974       493     9,467
 9月計      17,827   △   160     17,667
10月計      8,918   △    51     8,867
11月計      19,426       373     19,799


12月 2日     905        1      906
12月 3日     901   △    20      881
12月 4日    1,001   △    73      928
12月10日    1,113   △    71     1,042
12月16日    1,000        0     1,000
12月17日    3,300   △  7,446  △  4,146
12月21日     901        4      905


12月計      9,121   △  7,605     1,516

  
 合 計      237,832   △  27,960    209,872

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は25万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

«今日の日記 2020/12/16