千通貨単位の業者

  • HIROSE-FX
  • FXプライムbyGMO
  • MATRIX TRADER
  • FXブロードネット
  • 外為ジャパン
無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

今日の日記 2021/01/29

 

今日の結果

 NZD 75.001 新規売り、決済売り
  
 CAD 約定無し      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 104.701 新規売り、決済売り     
 
 
 
米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に反落
個人投資家が利用する「ロビンフッド」などのアプリを通じた投機的な取引で、相場が一段と混乱するとの警戒から売りが強まった
ダウ工業株30種平均:29982.62ドル(▲620.74ドル)
ナスダック総合株価指数:13070.70(▲266.46)


原油先物相場は小幅に続落
WTI原油先物3月限:1バレル=52.20ドル(▲0.14ドル)


金先物相場は7日ぶりに反発
金先物4月限:1トロイオンス=1850.3ドル(△9.1ドル)


ドル円は3日続伸


本日の参考レンジ
ドル円:104.22円 - 104.94円
ユーロドル:1.2095ドル - 1.2156ドル
ユーロ円:126.32円 - 127.34円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840
 1月 6日     917      2,192     3,109
 1月 7日     903        12      915
 1月14日     801   △    83      718
 1月15日     804        0      804
 1月26日     802        0      802
 1月28日     801        0      801
 1月29日    1,703       149     1,852


 1月計      7,634      2,207     9,841

  
 合 計       8,842      3,304     12,146

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

 

今日の日記 2021/01/26

今日の結果

 NZD 75.000 新規売り、決済売り
  
 CAD 約定無し      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 約定無し     
 
 
 
26日の米国株式相場は伸び悩み


NY原油先物3月限終値 52.61ドル -0.16


NY金先物2月限終値 1850.9ドル -4.3


ドル円は戻り一巡


本日これまでの参考レンジ
ドル円:103.56円 - 103.83円
ユーロドル:1.2108ドル - 1.2176ドル
ユーロ円:125.69円 - 126.16円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840
 1月 6日     917      2,192     3,109
 1月 7日     903        12      915
 1月14日     801   △    83      718
 1月15日     804        0      804
 1月26日     802        0      802


 1月計      5,130      2,058     7,188

  
 合 計       6,338      3,155     9,493

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

面白かった本の個人的記録 その3

面白かった本の個人的記録 その3

「奇跡の脳 脳科学者の脳が壊れたとき」
著者:ジル・ボルト・テイラー
新潮文庫


著者のジルはハーバード大学の脳神経科学の専門家である。37歳のとき彼女は脳卒中に襲われ、一命はとりとめるも左脳にダメージを受ける。感じる右脳、理解する左脳。左脳を損傷し薄れゆく意識の中で、自分が脳卒中に襲われたことを理解し、ギリギリのところで助けを求める。

この本は脳卒中に襲われた患者自身の視点で、本人の状況、家族や医療関係従事者など周りの人々のとるべき対応などが克明に記されている。リハビリの状況は、まるで赤ん坊から小学校入学までの成長記録のようだ。

著者がこの本を著するまでに回復できたことは本人の努力によるものだが、やはり母親の介護が適切で忍耐強かったことが大きいだろう。

本後半の右脳のみで生きていた時の幸福感や宇宙との一体感などの記述を理解するのは難しいが、親の愛情に包まれた赤ちゃんの感覚のようなものなのだろうか?

 

今日の日記 2021/01/15

今日の結果

 NZD 74.198 新規買い、決済買い
  
 CAD 約定無し      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 約定無し     
 
 
 
15日の米国株式市場でダウ工業株30種平均の終値は前営業日比177.26ドル安の30814.26ドル


15日のニューヨーク原油先物相場は反落
WTIで2月限の終値は前営業日比1.21ドル安の1バレル=52.36ドル


15日のニューヨーク金先物相場は続落
OMEXで取引の中心となる2月限は前営業日比21.5ドル安の1トロイオンス=1829.9ドル


15日のニューヨーク外国為替市場でドル円はもみ合い


本日これまでの参考レンジ
ドル円:103.62円 - 103.90円
ユーロドル:1.2078ドル - 1.2163ドル
ユーロ円:125.41円 - 126.22円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840
 1月 6日     917      2,192     3,109
 1月 7日     903        12      915
 1月14日     801   △    83      718
 1月15日     804        0      804


 1月計      4,328      2,058     6,386

  
 合 計       5,536      3,155     8,691

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2021/01/15

今日の結果

 NZD 約定無し
  
 CAD 82.000 新規売り、決済売り      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 約定無し     
 
 
 
14日の米国株式相場は上値が重い


NY原油先物2月限終値 53.57ドル +0.66


NY金先物2月限終値 1851.4ドル -3.5

 

14日のニューヨーク外国為替市場でドル円は戻りが鈍い
パウエルFRB議長の「厄介なインフレや不均衡がない限り、利上げしない」

本日これまでの参考レンジ
ドル円:103.57円 - 104.20円
ユーロドル:1.2111ドル - 1.2178ドル
ユーロ円:125.93円 - 126.53円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840
 1月 6日     917      2,192     3,109
 1月 7日     903        12      915
 1月14日     801   △    83      718


 1月計      3,524      2,058     5,582

  
 合 計       4,732      3,155     7,887

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2021/01/07

今日の結果

 NZD 約定無し
  
 CAD 約定無し      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 103.801 新規売り、決済売り     
 
 
 
7日の米国株式相場はしっかり


NY原油先物2月限終値 50.83ドル +0.20


7日のニューヨーク金先物相場は反発
COMEXで取引の中心となる2月限は前営業日比5.0ドル高の1トロイオンス=1913.6ドル


ドル円は底堅い



本日これまでの参考レンジ
ドル円:102.95円 - 103.96円
ユーロドル:1.2245ドル - 1.2344ドル
ユーロ円:126.92円 - 127.49円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840
 1月 6日     917      2,192     3,109
 1月 8日     903        12      915


 1月計      2,723      2,141     4,864

  
 合 計       3,931      3,238     7,169

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

面白かった本の個人的記録 その2

面白かった本の個人的記録 その2

「小説 会計監査」
著者:細野康弘
幻冬舎文庫


著者の細野氏は公認会計士である。小説は監査法人に勤めていた主人公の思い出話という感じで、四つの出来事について書かれている。

この四つの出来事とは、鐘紡の粉飾決算、UFJ銀行の合併、郵政民営化、日興証券の破綻であり、一般人が知りえない事項を会計士の目線で語られている。ただし、これは著者の回顧録的小説(フィクション)なのか、小説的回顧録(ノンフィクション)なのかはわからない。

ただし作り話だとしても面白いし、実話だったらたらさらに面白い。自分が会社に勤めていたころは会計監査をうっとおしいと思っていたが、その会計士にも大変な苦労があることが分かったし、永田町や霞が関、さらにはマスコミにもいろいろ裏があることを知らされた。

まあ、半分以上は作り話と思いながら読むのがちょうどいい。

 

今日の日記 2021/01/07

今日の結果

 NZD 75.002 新規売り、決済売り
  
 CAD 80.102 新規売り、決済売り      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 約定無し     
 
 
 
米国株相場、ダウ平均は伸び悩み
ナスダックはマイナス


6日のニューヨーク原油先物相場は続伸
WTIで2月限の終値は前営業日比0.70ドル高の1バレル=50.63ドル


6日のニューヨーク金先物相場は6営業日ぶりに反落
COMEXで取引の中心となる2月限は前営業日比45.8ドル安の1トロイオンス=1908.6ドル


米議会議事堂が暴徒により侵入されるなど前代未聞の状況が続いているが、金融市場は比較的に落ち着いている



本日これまでの参考レンジ
ドル円:102.59円 - 103.44円
ユーロドル:1.2266ドル - 1.2349ドル
ユーロ円:126.14円 - 127.24円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840
 1月 6日     917      2,192     3,109


 1月計      1,820      2,129     3,949

  
 合 計       3,028      3,226     6,254

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2021/01/04

今日の結果

 NZD 約定無し
  
 CAD 約定無し      
 
 AUD 約定無し
 
 USD 102.898 新規買い、決済買い     
 
 
 
4日の米国株式相場は下げ止まり


NY原油先物2月限終値 47.62ドル -0.90


NY金先物2月限終値 1946.6ドル +51.5


ドル円はもみ合い
欧州通貨やオセアニア通貨に対してのドル買いで103円台を維持しているものの、上値も抑えられもみ合い



本日これまでの参考レンジ
ドル円:102.71円 - 103.32円
ユーロドル:1.2221ドル - 1.2309ドル
ユーロ円:126.10円 - 126.79円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      1,208      1,097     2,305


 1月 4日     903   △    63      840


 1月計       903   △    63      840

  
 合 計       2,111      1,034     3,145

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は30万円
うまく調整できるかな?
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »