千通貨単位の業者

  • HIROSE-FX
  • FXプライムbyGMO
  • MATRIX TRADER
  • FXブロードネット
  • 外為ジャパン
無料ブログはココログ

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

今日の日記 2022/07/29

今日の結果

 NZD 約定無し 
  
 CAD 104.493 新規買い、決済買い
 
 AUD 93.499 新規買い、決済買い
 
 USD 132.982 新規買い、決済買い


29日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸
終値は前営業日比315.50ドル高の32845.13ドル
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も3日続伸
同228.10ポイント高の12390.69
 
 
29日のニューヨーク原油先物相場は反落
WTIで9月限の終値は前営業日比2.20ドル高の1バレル=98.62ドル


29日のニューヨーク金先物相場は3日続伸
COMEXで取引の中心となる12月限は前営業日比12.6ドル高の1トロイオンス=1781.8ドル


29日のニューヨーク外国為替市場でドル円は上値が重い


本日これまでの参考レンジ
ドル円:132.51円 - 134.68円
ユーロドル:1.0146ドル - 1.0254ドル
ユーロ円:135.55円 - 137.33円

 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      3,412        52     3,464
 1月計      15,509      6,597     22,106
 2月計      16,666        68     16,734
 3月計     237,366      72,596    309,962
 4月計   △  2,485      27,453     24,968
 5月計   △ 212,700   △  9,242  △ 221,942
 6月計      48,432   10,790     59,222


 7月 1日 △  25,497   △   515  △  26,012
 7月11日    27,520      9,196     36,716
 7月14日    33,910      9,336     43,246
 7月20日    4,000       238     4,238
 7月22日 △  30,194   △  8,981  △  39,175 
 7月28日 △  47,286   △  9,483  △  56,769
 7月29日 △  76,512   △  11,628  △  88,140


 7月計   △ 114,059   △  11,837  △ 125,896


 合 計    △  7,859      96,477     88,618

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2022/07/28

今日の結果

 NZD 84.5009 新規買い、決済買い 
  
 CAD 約定無し
 
 AUD 約定無し
 
 USD 134.991 新規買い、決済買い


28日の米国株式市場でダウ工業株30種平均の終値は前営業日比329.27ドル高の32526.86ドル
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同130.17ポイント高の12162.59
 
 
NY原油先物9月限終値 96.42ドル -0.84


NY金先物8月限終値 1750.3ドル +31.2


28日のニューヨーク外国為替市場でドル円は弱含み


本日これまでの参考レンジ
ドル円:134.30円 - 136.58円
ユーロドル:1.0114ドル - 1.0234ドル
ユーロ円:136.38円 - 139.41円

 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      3,412        52     3,464
 1月計      15,509      6,597     22,106
 2月計      16,666        68     16,734
 3月計     237,366      72,596    309,962
 4月計   △  2,485      27,453     24,968
 5月計   △ 212,700   △  9,242  △ 221,942
 6月計      48,432   10,790     59,222


 7月 1日 △  25,497   △   515  △  26,012
 7月11日    27,520      9,196     36,716
 7月14日    33,910      9,336     43,246
 7月20日    4,000       238     4,238
 7月22日 △  30,194   △  8,981  △  39,175 
 7月28日 △  47,286   △  9,483  △  56,769


 7月計   △  37,547   △   209  △  37,756


 合 計       68,653     108,105    176,758

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2022/07/22

今日の結果

 NZD 約定無し 
  
 CAD 約定無し
 
 AUD 約定無し
 
 USD 136.999 新規買い、決済買い


22日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落
終値は前営業日比137.61ドル安の31899.29ドル
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も4日ぶりに反落
同225.50ポイント安の11834.11
 
 
22日のニューヨーク原油先物相場は3日続落
WTI9月限の終値は前営業日比1.65ドル安の1バレル=94.70ドル


22日のニューヨーク金先物相場は続伸
COMEXで取引の中心となる8月限の終値は前営業日比14.0ドル高の1トロイオンス=1727.4ドル


ドル円は続落
7月の米購買担当者景気指数(PMI)速報値は製造業こそ予想をわずかに上回ったものの、総合とサービス部門はともに予想を大きく下回り、好不況の分かれ目とされる50を割り込んだ


本日これまでの参考レンジ
ドル円:135.57円 - 137.96円
ユーロドル:1.0130ドル - 1.0255ドル
ユーロ円:138.78円 - 140.69円

 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      3,412        52     3,464
 1月計      15,509      6,597     22,106
 2月計      16,666        68     16,734
 3月計     237,366      72,596    309,962
 4月計   △  2,485      27,453     24,968
 5月計   △ 212,700   △  9,242  △ 221,942
 6月計      48,432   10,790     59,222


 7月 1日 △  25,497   △   515  △  26,012
 7月11日    27,520      9,196     36,716
 7月14日    33,910      9,336     43,246
 7月20日    4,000       238     4,238
 7月22日 △  30,194   △  8,981  △  39,175 


 7月計      9,739      9,274     19,013


 合 計      115,939     117,588    233,527

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2022/07/20

今日の結果

 NZD 86.500 新規売り、決済売り 
  
 CAD 約定無し
 
 AUD 95.500 新規売り、決済売り
 
 USD 約定無し


20日の米国株式相場はもみ合い
20日の米国株式市場でダウ工業株30種平均の終値は前営業日比51.15ドル高の31878.20ドル
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同184.50ポイント高の11897.65
 
 
NY原油先物8月限終値 102.26ドル -1.96


NY金先物8月限終値 1700.2ドル -10.5


ドル円はもみ合い


本日これまでの参考レンジ
ドル円:137.90円 - 138.37円
ユーロドル:1.0156ドル - 1.0273ドル
ユーロ円:140.43円 - 141.93円

 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      3,412        52     3,464
 1月計      15,509      6,597     22,106
 2月計      16,666        68     16,734
 3月計     237,366      72,596    309,962
 4月計   △  2,485      27,453     24,968
 5月計   △ 212,700   △  9,242  △ 221,942
 6月計      48,432   10,790     59,222


 7月 1日 △  25,497   △   515  △  26,012
 7月11日    27,520      9,196     36,716
 7月14日    33,910      9,336     43,246
 7月20日    4,000       238     4,238


 7月計      39,933      18,255     58,188


 合 計      146,133     126,569    272,702

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2022/07/14

今日の結果

 NZD 約定無し 
  
 CAD 106.501 新規売り、決済売り
 
 AUD 94.001 新規売り、決済売り
 
 USD 136.000 新規売り、決済売り


14日の米国株式市場でダウ工業株30種平均の終値は前営業日比142.78ドル安の30630.01ドル
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同3.61ポイント高の11251.19
 
 
NY原油先物8月限終値 95.78ドル -0.52


NY金先物8月限終値 1705.8ドル -29.7


米10年債利回りが2.96%前後で動きを落ち着かせたことから、ドル円も139円割れ水準の限られたレンジで上下


本日これまでの参考レンジ
ドル円:137.28円 - 139.39円
ユーロドル:0.9952ドル - 1.0065ドル
ユーロ円:137.99円 - 139.77円

 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      3,412        52     3,464
 1月計      15,509      6,597     22,106
 2月計      16,666        68     16,734
 3月計     237,366      72,596    309,962
 4月計   △  2,485      27,453     24,968
 5月計   △ 212,700   △  9,242  △ 221,942
 6月計      48,432   10,790     59,222


 7月 1日 △  25,497   △   515  △  26,012
 7月11日    27,520      9,196     36,716
 7月14日    33,910      9,336     43,246


 7月計      35,933      18,017     53,950


 合 計      142,133     126,331    268,464

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2022/07/11

今日の結果

 NZD 約定無し 
  
 CAD 約定無し
 
 AUD 約定無し
 
 USD 137.018 新規売り、決済売り


11日の米国株式相場は戻りが鈍い
ダウ工業株30種平均は4時22分時点で前営業日比175.31ドル安の31162.84ドルで推移
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同251.10ポイント安の11384.21で推移
 
 
NY原油先物8月限終値 104.09ドル -0.70


NY金先物8月限終値 1731.7ドル -10.6


米10年債利回りは一時3%台を回復も、同水準を維持できず
クロス円の円高傾向もあって、137.30円台前後にレンジをやや低下させて推移


本日これまでの参考レンジ
ドル円:135.92円 - 137.75円
ユーロドル:1.0053ドル - 1.0184ドル
ユーロ円:138.13円 - 139.17円

 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      3,412        52     3,464
 1月計      15,509      6,597     22,106
 2月計      16,666        68     16,734
 3月計     237,366      72,596    309,962
 4月計   △  2,485      27,453     24,968
 5月計   △ 212,700   △  9,242  △ 221,942
 6月計      48,432   10,790     59,222


 7月 1日 △  25,497   △   515  △  26,012
 7月11日    27,520      9,196     36,716


 7月計      2,023      8,681     10,704


 合 計      108,223     116,995    225,218

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2022/07/01

今日の結果

 NZD 約定無し 
  
 CAD 104.497 新規買い、決済買い
 
 AUD 92.000 新規買い、決済買い
 
 USD 約定無し


1日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発
終値は前営業日比321.83ドル高の31097.26ドル
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反発
同99.10ポイント高の11127.84で取引を終えた
 
 
1日のニューヨーク原油先物相場は3日ぶりに反発
WTIで8月限の終値は前営業日比2.67ドル高の1バレル=108.43ドル


1日のニューヨーク金先物相場は5日続落
COMEXで取引の中心となる8月限は前営業日比5.8ドル安の1トロイオンス=1801.5ドル


ドル円は方向感が出なかった


本日これまでの参考レンジ
ドル円:134.75円 - 135.99円
ユーロドル:1.0366ドル - 1.0486ドル
ユーロ円:139.79円 - 142.43円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      3,412        52     3,464
 1月計      15,509      6,597     22,106
 2月計      16,666        68     16,734
 3月計     237,366      72,596    309,962
 4月計   △  2,485      27,453     24,968
 5月計   △ 212,700   △  9,242  △ 221,942
 6月計      48,432   10,790     59,222


 7月 1日 △  25,497   △   515  △  26,012


 7月計   △  25,497   △   515  △  26,012


 合 計       80,703     107,799    188,502

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »