千通貨単位の業者

  • HIROSE-FX
  • FXプライムbyGMO
  • MATRIX TRADER
  • FXブロードネット
  • 外為ジャパン
無料ブログはココログ

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

今日の日記 2022/11/29

今日の結果

 NZD 約定無し
  
 CAD 101.495 新規買い、決済買い
 
 AUD 約定無し
 
 USD 約定無し
   

29日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は小反発
終値は前営業日比3.07ドル高の33852.53ドル

前日に米連邦準備理事会(FRB)高官らが金融引き締めの長期化を示唆したことが引き続き相場の重し

ナスダック総合株価指数は3日続落
同65.72ポイント安の10983.78


29日のニューヨーク原油先物相場は続伸
WTIで1月限の終値は前営業日比0.96ドル高の1バレル=78.20ドル

 
29日のニューヨーク金先物相場は反発
COMEXで取引の中心となる2月限は前営業日比8.4ドル高の1トロイオンス=1763.7ドル


29日のニューヨーク外国為替市場でドル円は続落
終値は138.63円と前営業日NY終値(138.95円)と比べて32銭程度のドル安水準


本日の参考レンジ
ドル円:137.87円 - 139.35円
ユーロドル:1.0320ドル - 1.0394ドル
ユーロ円:143.02円 - 144.02円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      3,412        52     3,464
 1月計      15,509      6,597     22,106
 2月計      16,666        68     16,734
 3月計     237,366      72,596    309,962
 4月計   △  2,485      27,453     24,968
 5月計   △ 212,700   △  9,242  △ 221,942
 6月計      48,432   10,790     59,222
 7月計   △ 114,059   △  11,837  △ 125,896
 8月計   △  36,951   △  13,522  △  50,473
 9月計     144,674      25,212    169,886
10月計   △ 119,279      7,377  △ 111,902
 

11月 1日    2,003       234     2,237
11月10日 △  93,361   △  9,421  △ 102,782
11月11日    3,050   △  2,579      471
11月18日    1,498       219     1,717
11月28日    1,504   △  1,485       19
11月29日    2,010   △  1,186      824


11月計   △  83,296   △  14,218  △  97,514


 合 計    △ 102,711     101,326  △  1,385

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2022/11/18

今日の結果

 NZD 86.502 新規売り、決済売り
  
 CAD 約定無し
 
 AUD 約定無し
 
 USD 約定無し
   

18日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発
終値は前営業日比199.37ドル高の33745.69ドル

米アパレルチェーンのギャップや半導体製造装置のアプライドマテリアルズの決算が好感されて、株買いが優勢

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も3日ぶりに反発
同1.10ポイント高の11146.06


18日のニューヨーク原油先物相場は3日続落
WTI12月限の終値は前日比1.56ドル安の1バレル=80.08ドル

中国での新型コロナウイルス感染再拡大が、中国の需要鈍化につながるとの見方

 
18日のニューヨーク金先物相場は4日続落
COMEXで取引の中心となる12月限の終値は前営業日比8.6ドル安の1トロイオンス=1754.4ドル

米金利上昇や底堅いドルの動き


18日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3日続伸
終値は140.37円と前営業日NY終値(140.20円)と比べて17銭程度のドル高水準


本日の参考レンジ
ドル円:139.64円 - 140.50円
ユーロドル:1.0314ドル - 1.0396ドル
ユーロ円:144.56円 - 145.55円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      3,412        52     3,464
 1月計      15,509      6,597     22,106
 2月計      16,666        68     16,734
 3月計     237,366      72,596    309,962
 4月計   △  2,485      27,453     24,968
 5月計   △ 212,700   △  9,242  △ 221,942
 6月計      48,432   10,790     59,222
 7月計   △ 114,059   △  11,837  △ 125,896
 8月計   △  36,951   △  13,522  △  50,473
 9月計     144,674      25,212    169,886
10月計   △ 119,279      7,377  △ 111,902
 

11月 1日    2,003       234     2,237
11月10日 △  93,361   △  9,421  △ 102,782
11月11日    3,050   △  2,579      471
11月18日    1,498       219     1,717


11月計   △  86,810   △  11,547  △  98,357


 合 計    △ 106,225     103,997  △  2,228

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2022/11/11

今日の結果

 NZD 84.498 新規買い、決済買い
  
 CAD 104.479 新規買い、決済買い
 
 AUD 約定無し
 
 USD 138.984 新規買い、決済買い
   

11日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は続伸
終値は前営業日比32.49ドル高の33747.86ドル

前日の10月米消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことで、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを減速するとの見方が強まる中、本日も株買いが続いた

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も続伸
同209.18ポイント高の11323.33


11日のニューヨーク原油先物相場は続伸
WTIで12月限の終値は前営業日比2.49ドル高の1バレル=88.96ドル

 
11日のニューヨーク金先物相場は続伸
COMEXで取引の中心となる12月限は前営業日比15.7ドル高の1トロイオンス=1769.4ドル


11日のニューヨーク外国為替市場でドル円は続落
終値は138.81円と前営業日NY終値(140.98円)と比べて2円17銭程度のドル安水準


本日の参考レンジ
ドル円:138.47円 - 142.48円
ユーロドル:1.0163ドル - 1.0364ドル
ユーロ円:142.57円 - 145.03円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      3,412        52     3,464
 1月計      15,509      6,597     22,106
 2月計      16,666        68     16,734
 3月計     237,366      72,596    309,962
 4月計   △  2,485      27,453     24,968
 5月計   △ 212,700   △  9,242  △ 221,942
 6月計      48,432   10,790     59,222
 7月計   △ 114,059   △  11,837  △ 125,896
 8月計   △  36,951   △  13,522  △  50,473
 9月計     144,674      25,212    169,886
10月計   △ 119,279      7,377  △ 111,902
 

11月 1日    2,003       234     2,237
11月10日 △  93,361   △  9,421  △ 102,782
11月11日    3,050   △  2,579      471

11月計   △  88,308   △  11,766  △ 100,074


 合 計    △ 107,723     103,778  △  3,945

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

今日の日記 2022/11/01

今日の結果

 NZD 86.502 新規売り、決済売り
  
 CAD 約定無し
 
 AUD 約定無し
 
 USD 約定無し
   

1日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は続落
終値は前営業日比79.75ドル安の32653.20ドル

10月米ISM製造業景気指数や9月米JOLT求人件数などの指標が予想より強い結果となり、米連邦準備理事会(FRB)の積極的な金融引き締め姿勢が維持されるとの観測が相場の重しとなった

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も続落
同97.30ポイント安の10890.85


1日のニューヨーク原油先物相場は3営業日ぶりに反発
WTIで12月限の終値は前営業日比1.84ドル高の1バレル=88.37ドル

 
1日のニューヨーク金先物相場は4営業日ぶりに反発
COMEXで取引の中心となる12月限は前営業日比9.0ドル高の1トロイオンス=1649.7ドル


1日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3営業日ぶりに反落
終値は148.27円と前営業日NY終値(148.71円)と比べて44銭程度のドル安水準


本日の参考レンジ
ドル円:146.99円 - 148.82円
ユーロドル:0.9853ドル - 0.9953ドル
ユーロ円:145.98円 - 147.12円


 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計      3,412        52     3,464
 1月計      15,509      6,597     22,106
 2月計      16,666        68     16,734
 3月計     237,366      72,596    309,962
 4月計   △  2,485      27,453     24,968
 5月計   △ 212,700   △  9,242  △ 221,942
 6月計      48,432   10,790     59,222
 7月計   △ 114,059   △  11,837  △ 125,896
 8月計   △  36,951   △  13,522  △  50,473
 9月計     144,674      25,212    169,886
10月計   △ 119,279      7,377  △ 111,902
 

11月 1日    2,003       234     2,237


11月計      2,003       234     2,237


 合 計    △  17,412     115,778     98,366

 

税金の関係で、今年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

 

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »