千通貨単位の業者

  • HIROSE-FX
  • FXプライムbyGMO
  • MATRIX TRADER
  • FXブロードネット
  • 外為ジャパン
無料ブログはココログ

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

今日の日記 2023/06/22

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 108.000 新規売り 決済売り
 
 AUD 約定なし
 
 USD 143.002 新規売り 決済売り

   
22日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら4日続落
終値は前営業日比4.81ドル安の33946.71ドル

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が「今年あと2回の利上げが適切となるだろう」と述べたと伝わると、米金融引き締めが長引くことが改めて意識された

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反発
同128.41ポイント高の13630.61


22日のニューヨーク原油先物相場は反落
WTI8月限の終値は前営業日比3.02ドル安の1バレル=69.51ドル


22日のニューヨーク金先物相場は3日続落
COMEXで取引の中心となる8月限の終値は前営業日比21.2ドル安の1トロイオンス=1923.7ドル

 
22日のニューヨーク外国為替市場でドル円は続伸
終値は143.11円と前営業日NY終値(141.88円)と比べて1円23銭程度のドル高水準

本日の参考レンジ
ドル円:141.61円 - 143.23円
ユーロドル:1.0949ドル - 1.1012ドル
ユーロ円:155.62円 - 156.93円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825

 6月 6日    2,502       739     3,241
 6月13日    2,370      3,936     6,306
 6月14日    2,503       178     2,681
 6月15日    7,880      5,737     13,617
 6月16日    8,035      6,244     14,279
 6月22日    8,016      6,517     14,533

 6月計      31,306      23,351     54,657

 合 計      133,213      7,157    140,370

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/06/16

今日の結果

 NZD 88.000 新規売り 決済売り
  
 CAD 106.501 新規売り 決済売り
 
 AUD 97.503 新規売り 決済売り
 
 USD 約定なし

   
16日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は反落
終値は前営業日比108.94ドル安の34299.12ドル

米連邦準備理事会(FRB)高官のタカ派的な発言を受けて、金融引き締め長期化による景気悪化への警戒が高まり、株売りが広がった

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は7営業日ぶりに反落
同93.25ポイント安の13689.57


16日のニューヨーク原油先物相場は続伸
WTI7月限の終値は前日比1.16ドル高の1バレル=71.78ドル


16日のニューヨーク金先物相場は小幅に3日続伸
COMEXで取引の中心となる8月限の終値は前営業日比0.5ドル高の1トロイオンス=1971.2ドル

 
16日のニューヨーク外国為替市場でドル円は続伸
終値は141.82円と前営業日NY終値(140.29円)と比べて1円53銭程度のドル高水準

日銀が今日まで開いた金融政策決定会合で、金融緩和を継続していく考えを示したため、NY市場に入っても円安の流れが継続した

本日の参考レンジ
ドル円:139.85円 - 141.92円
ユーロドル:1.0918ドル - 1.0971ドル
ユーロ円:153.09円 - 155.26円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825

 6月 6日    2,502       739     3,241
 6月13日    2,370      3,936     6,306
 6月14日    2,503       178     2,681
 6月15日    7,880      5,737     13,617
 6月16日    8,035      6,244     14,279

 6月計      23,290      16,834     40,124

 合 計      125,197      640    125,837

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/06/15

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 96.000 新規売り 決済売り
 
 USD 141.002 新規売り 決済売り 86.502 新規売り 決済売り
   
15日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に反発
終値は前営業日比428.73ドル高の34408.06ドルと昨年12月2日以来約半年ぶりの高値

5月米小売売上高が予想を上回り、個人消費の底堅さを示したことも買い安心感につながった

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は6日続伸
同156.34ポイント高の13782.82と昨年4月以来1年2カ月ぶりの高値


15日のニューヨーク原油先物相場は反発
WTI7月限の終値は前日比2.35ドル高の1バレル=70.62ドル


15日のニューヨーク金先物相場は続伸
COMEXで取引の中心となる8月限の終値は前営業日比1.8ドル高の1トロイオンス=1970.7ドル

 
ドル円は小反発
終値は140.29円と前営業日NY終値(140.09円)と比べて20銭程度のドル高水準

本日の参考レンジ
ドル円:139.94円 - 141.50円
ユーロドル:1.0804ドル - 1.0953ドル
ユーロ円:151.61円 - 153.69円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825

 6月 6日    2,502       739     3,241
 6月13日    2,370      3,936     6,306
 6月14日    2,503       178     2,681
 6月15日    7,880      5,737     13,617

 6月計      15,255      10,590     25,845

 合 計      117,162   △  5,604    111,558

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/06/14

今日の結果

 NZD 86.502 新規売り 決済売り
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 約定なし
 
 USD 約定なし
   
14日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は7営業日ぶりに反落
終値は前営業日比232.79ドル安の33979.33ドル

となった。米連邦準備理事会(FRB)が13-14日開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)では市場予想通り政策金利の据え置きが決まったものの、同時に公表された政策金利見通し(ドット・チャート)では2023年末の中央値が上方修正され、年内に0.25%の利上げが2回実施される可能性が示唆された

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は5日続伸
同53.16ポイント高の13626.48と昨年4月以来1年2カ月ぶりの高値


14日のニューヨーク原油先物相場は反落
WTI7月限の終値は前日比1.15ドル安の1バレル=68.27ドル

14日のニューヨーク金先物相場は4日ぶりに反発
COMEXで取引の中心となる8月限の終値は前営業日比10.3ドル高の1トロイオンス=1968.9ドル

 
14日のニューヨーク外国為替市場でドル円は4営業日ぶりに反落
終値は140.09円と前営業日NY終値(140.22円)と比べて13銭程度のドル安水準

本日の参考レンジ
ドル円:139.29円 - 140.28円
ユーロドル:1.0774ドル - 1.0864ドル
ユーロ円:150.92円 - 151.78円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825

 6月 6日    2,502       739     3,241
 6月13日    2,370      3,936     6,306
 6月14日    2,503       178     2,681

 6月計      7,375      4,853     12,228

 合 計      109,282   △  11,341     97,941

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/06/13

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 105.000 新規売り 決済売り
 
 AUD 94.515 新規売り 決済売り
 
 USD 約定なし
   

13日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は6日続伸
終値は前営業日比145.79ドル高の34212.12ドルと2月13日以来4カ月ぶりの高値となった

5月米消費者物価指数(CPI)を受けて、インフレの過熱感が緩和したとの見方が広がると、米連邦準備理事会(FRB)が13-14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を据え置くとの観測がさらに高まり買い安心感が広がった

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸
同111.40ポイント高の13573.32と昨年4月以来1年2カ月ぶりの高値で取引を終えた


13日のニューヨーク原油先物相場は4営業日ぶりに反発
WTI7月限の終値は前日比2.30ドル高の1バレル=69.42ドル


13日のニューヨーク金先物相場は3営業日続落
COMEXで取引の中心となる8月限の終値は前営業日比11.1ドル安の1トロイオンス=1958.6ドル

 
13日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3日続伸
終値は140.22円と前営業日NY終値(139.60円)と比べて62銭程度のドル高水準

本日の参考レンジ
ドル円:139.01円 - 140.31円
ユーロドル:1.0756ドル - 1.0824ドル
ユーロ円:150.04円 - 151.38円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825

 6月 6日    2,502       739     3,241
 6月13日    2,370      3,936     6,306

 6月計      4,872      4,675     9,547

 合 計      106,779   △  11,519     95,260

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/06/06

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 93.000 新規売り 決済売り
 
 USD 約定なし
   

6日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発
終値は前営業日比10.42ドル高の33573.28ドル

出遅れ感があった景気敏感株やハイテク株の一角に買いが入り、相場を下支えた

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も反発
同46.99ポイント高の13276.42


6日のニューヨーク原油先物相場は4日ぶりに反落
WTI7月限の終値は前営業日比0.41ドル安の1バレル=71.74ドル


6日のニューヨーク金先物相場は続伸
COMEXで取引の中心となる8月限は前営業日比7.2ドル高の1トロイオンス=1981.5ドル

 
6日のニューヨーク外国為替市場でドル円は小反発
終値は139.63円と前営業日NY終値(139.58円)と比べて5銭程度のドル高水準

来週の5月米消費者物価指数(CPI)や米連邦公開市場委員会(FOMC)など重要イベントを控えて、積極的な商いは手控えられた

豪ドル円はしっかり。豪準備銀行(RBA)のサプライズ利上げを受けて、欧米市場でも堅調地合いが続いた

本日の参考レンジ
ドル円:139.10円 - 139.99円
ユーロドル:1.0667ドル - 1.0733ドル
ユーロ円:148.83円 - 149.70円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825

 6月 6日    2,502       739     3,241

 6月計      2,502       739     3,241

 合 計      104,409   △  15,455     88,954

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »