千通貨単位の業者

  • HIROSE-FX
  • FXプライムbyGMO
  • MATRIX TRADER
  • FXブロードネット
  • 外為ジャパン
無料ブログはココログ

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

今日の日記 2023/07/28

今日の結果

 NZD 85.445 新規買い 決済買い
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 約定なし
 
 USD 約定なし

   
28日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発
終値は前営業日比176.57ドル高の35459.29ドル

6月米個人消費支出(PCE)価格指数(デフレーター)で変動が激しい食品とエネルギーを除くコアデフレーターが予想を下回ったうえ、4-6月期米雇用コスト指数が予想より弱い内容だったことが分かると、物価上昇の勢いが和らいでいると受け止められた

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発
同266.55ポイント高の14316.66


28日のニューヨーク原油先物相場は小幅に続伸
WTI9月限の終値は前日比0.49ドル高の1バレル=80.58ドル


28日のニューヨーク金先物相場は反発
COMEXで取引の中心となる12月限の終値は前営業日比14.7ドル高の1トロイオンス=1999.9ドル

 
28日のニューヨーク外国為替市場でドル円は5営業日ぶりに反発
終値は141.16円と前営業日NY終値(139.48円)と比べて1円68銭程度のドル高水準

東京市場では荒い値動き
日銀が今日まで開いた金融政策決定会合で、長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)の運用を見直したことが伝わり、短時間で141.07円から138.07円まで急落する場面があった

本日の参考レンジ
ドル円:138.07円 - 141.18円
ユーロドル:1.0944ドル - 1.1047ドル
ユーロ円:151.42円 - 155.60円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825
 6月計      37,324      27,938     65,262

 7月 4日    10,305      5,816     16,121
 7月10日    2,505   △  2,406     99
 7月11日    1,000   △   335      665
 7月12日    1,006   △   538      468
 7月13日    7,046   △  5,611     1,435  
 7月17日    4,001   △  3,121      880
 7月27日    2,705   △  3,001  △   296
 7月28日    1,055   △   991      64

 7月計      29,623   △  10,187     19,436

 合 計      168,854      1,557    170,411

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/07/27

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 93.000 新規買い 決済買い
 
 USD 約定なし

   
27日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は14営業日ぶりに反落
終値は前営業日比237.40ドル安の35282.72ドル

メタが前日に発表した増益決算や堅調な米経済指標を受けて買いが先行すると一時120ドル超上昇したものの、高値警戒感から利食い売りなどが出ると下げに転じた

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落
同77.17ポイント安の14050.11


27日のニューヨーク原油先物相場は反発
WTI9月限の終値は前日比1.31ドル高の1バレル=80.09ドル


27日のニューヨーク金先物相場は3日ぶりに大幅反落
COMEXで取引の中心となる8月限の終値は前営業日比24.4ドル安の1トロイオンス=1945.7ドル

 
27日のニューヨーク外国為替市場でドル円は4日続落
終値は139.48円と前営業日NY終値(140.24円)と比べて76銭程度のドル安

日経新聞電子版が「日銀は28日まで開く金融政策決定会合で長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)の修正案を議論」「長期金利の操作の上限は0.5%のまま据え置くものの、市場動向に応じて0.5%を一定程度超えることも容認する案が浮上」と報じると下落した

本日の参考レンジ
ドル円:138.77円 - 141.32円
ユーロドル:1.0966ドル - 1.1150ドル
ユーロ円:152.19円 - 156.24円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825
 6月計      37,324      27,938     65,262

 7月 4日    10,305      5,816     16,121
 7月10日    2,505   △  2,406     99
 7月11日    1,000   △   335      665
 7月12日    1,006   △   538      468
 7月13日    7,046   △  5,611     1,435  
 7月17日    4,001   △  3,121      880
 7月27日    2,705   △  3,001  △   296

 7月計      28,568   △  9,196     19,372

 合 計      167,799      2,548    170,347

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/07/17

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 104.499 新規買い 決済買い
 
 AUD 約定なし
 
 USD 約定なし

   
17日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は6日続伸
終値は前営業日比76.32ドル高の34585.35ドルと昨年11月30日以来の高値

前週発表の米インフレ指標の下振れを受けて、米連邦準備理事会(FRB)の利上げが長引くとの観測が後退する中、株式への買いが優勢となった

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反発
同131.25ポイント高の14244.95と昨年4月以来1年3カ月ぶりの高値


17日のニューヨーク原油先物相場は続落
WTI8月限の終値は前営業日比1.27ドル安の1バレル=74.15ドル

中国の4-6月期国内総生産(GDP)が市場予想を下回る結果となったことで、原油需要の減退が懸念され上値が重く続落した


17日のニューヨーク金先物相場は反落
COMEXで取引の中心となる8月限は前営業日比8.0ドル安の1トロイオンス=1956.4ドル

 
17日のニューヨーク外国為替市場でドル円は小反落
終値は138.71円と前営業日NY終値(138.80円)と比べて9銭程度のドル安水準

本日の参考レンジ
ドル円:138.00円 - 139.41円
ユーロドル:1.1204ドル - 1.1249ドル
ユーロ円:155.10円 - 156.34円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825
 6月計      37,324      27,938     65,262

 7月 4日    10,305      5,816     16,121
 7月10日    2,505   △  2,406     99
 7月11日    1,000   △   335      665
 7月12日    1,006   △   538      468
 7月13日    7,046   △  5,611     1,435  
 7月17日    4,001   △  3,121      880

 7月計      25,863   △  6,195     19,668

 合 計      165,094      5,549    170,643

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/07/13

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 約定なし
 
 USD 138.000 新規買い 決済買い

   
13日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸
終値は前営業日比47.71ドル高の34395.14ドル

前日の6月米消費者物価指数(CPI)に続き、本日の6月米卸売物価指数(PPI)が予想を下回ったことを受けて、米連邦準備理事会(FRB)の利上げが長引くとの観測が一段と後退

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も4日続伸
同219.61ポイント高の14138.57


13日のニューヨーク原油先物相場は3日続伸
WTIで8月限の終値は前営業日比1.14ドル高の1バレル=76.89ドル


13日のニューヨーク金先物相場は小幅に続伸
COMEXで取引の中心となる8月限は前営業日比2.1ドル高の1トロイオンス=1963.8ドル

 
13日のニューヨーク外国為替市場でドル円は6日続落
終値は138.05円と前営業日NY終値(138.50円)と比べて45銭程度のドル安水準

6月米卸売物価指数(PPI)が前日の6月米消費者物価指数(CPI)に続き、予想より弱い内容だったことが分かると米連邦準備理事会(FRB)による利上げ長期化観測が後退し、一転円買い・ドル売りが優勢に。米10年債利回りが3.75%台まで低下したことも相場の重しとなり、3時30分過ぎに一時137.92円と5月22日以来の安値を更新した

本日の参考レンジ
ドル円:137.92円 - 138.95円
ユーロドル:1.1129ドル - 1.1228ドル
ユーロ円:153.89円 - 155.13円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825
 6月計      37,324      27,938     65,262

 7月 4日    10,305      5,816     16,121
 7月10日    2,505   △  2,406     99
 7月11日    1,000   △   335      665
 7月12日    1,006   △   538      468
 7月13日    7,046   △  5,611     1,435  

 7月計      21,862   △  3,074     18,788

 合 計      161,093      8,670    169,763

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/07/12

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 約定なし
 
 USD 139.996 新規買い 決済買い

   
12日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸
終値は前営業日比86.01ドル高の34347.43ドル

6月米消費者物価指数(CPI)が予想以上に鈍化したことが分かると、米連邦準備理事会(FRB)の利上げが長期化するとの警戒が和らいだ

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も3日続伸
同158.26ポイント高の13918.96


12日のニューヨーク原油先物相場は続伸
WTIで8月限の終値は前営業日比0.92ドル高の1バレル=75.75ドル


12日のニューヨーク金先物相場は続伸
COMEXで取引の中心となる8月限は前営業日比24.6ドル高の1トロイオンス=1961.7ドル

 
12日のニューヨーク外国為替市場でドル円は5日続落
終値は138.50円と前営業日NY終値(140.36円)と比べて1円86銭程度のドル安水準

6月米消費者物価指数(CPI)が前月比0.2%/前年同月比3.0%と予想の前月比0.3%/前年同月比3.1%を下回ったことが伝わると、米金利の低下とともに全般ドル売りが進行

本日の参考レンジ
ドル円:138.16円 - 140.39円
ユーロドル:1.1004ドル - 1.1140ドル
ユーロ円:153.49円 - 154.60円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825
 6月計      37,324      27,938     65,262

 7月 4日    10,305      5,816     16,121
 7月10日    2,505   △  2,406     99
 7月11日    1,000   △   335      665
 7月12日    1,006   △   538      468

 7月計      14,816      2,537     17,353

 合 計      154,047      14,281    168,328

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/07/11

今日の結果

 NZD 87.000 新規買い 決済買い
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 約定なし
 
 USD 約定なし

   
11日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は続伸
終値は前営業日比317.02ドル高の34261.42ドル

明日12日に発表される6月米消費者物価指数(CPI)を控えて、インフレ鈍化観測が広がる中、株買いが優勢となった

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も続伸
同75.22ポイント高の13760.70


11日のニューヨーク原油先物相場は大幅に反発
WTIで8月限の終値は前営業日比1.84ドル高の1バレル=74.83ドル


11日のニューヨーク金先物相場は反発
COMEXで取引の中心となる8月限は前営業日比6.1ドル高の1トロイオンス=1937.1ドル

 
11日のニューヨーク外国為替市場でドル円は4日続落
終値は140.36円と前営業日NY終値(141.31円)と比べて95銭程度のドル安水準

投機筋の円売り・ドル買いポジションが約5年半ぶりの高水準となる中、鈍化が見込まれている明日の6月米消費者物価指数(CPI)の発表を前に持ち高調整目的の円買い・ドル売りが優勢となった

本日の参考レンジ
ドル円:140.16円 - 141.46円
ユーロドル:1.0977ドル - 1.1027ドル
ユーロ円:154.18円 - 155.67円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825
 6月計      37,324      27,938     65,262

 7月 4日    10,305      5,816     16,121
 7月10日    2,505   △  2,406     99
 7月11日    1,000   △   335      665

 7月計      13,810      3,075     16,885

 合 計      153,041      14,819    167,860

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/07/10

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 94.500 新規買い 決済買い
 
 USD 約定なし

   
10日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発
終値は前営業日比209.52ドル高の33944.40ドル

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も4日ぶりに反発
同24.76ポイント高の13685.48


10日のニューヨーク原油先物相場は4日ぶりに反落
WTIで8月限の終値は前営業日比0.87ドル安の1バレル=72.99ドル


10日のニューヨーク金先物相場は小幅に反落
COMEXで取引の中心となる8月限は前営業日比1.5ドル安の1トロイオンス=1931.0ドル

 
10日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3日続落
終値は141.31円と前営業日NY終値(142.21円)と比べて90銭程度のドル安水準

一時は4.08%台まで上昇した米10年債利回りが3.98%台まで低下すると円買い・ドル売りが先行

本日の参考レンジ
ドル円:141.28円 - 143.01円
ユーロドル:1.0944ドル - 1.1001ドル
ユーロ円:155.33円 - 156.67円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825
 6月計      37,324      27,938     65,262

 7月 4日    10,305      5,816     16,121
 7月10日    2,505   △  2,406     99

 7月計      12,810      3,410     16,220

 合 計      152,041      15,154    167,195

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/07/04

今日の結果

 NZD 89.500 新規売り 決済売り
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 約定なし
 
 USD 約定なし

   
4日の米国株式市場は米独立記念日の祝日で休場


4日のNY原油先物市場は、米国の独立記念日の祝日のため休場


4日のNY金先物市場は、米国の独立記念日の祝日のため休場

 
4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は反落
終値は144.47円と前営業日NY終値(144.68円)と比べて21銭程度のドル安水準

本日の参考レンジ
ドル円:144.21円 - 144.71円
ユーロドル:1.0877ドル - 1.0916ドル
ユーロ円:157.14円 - 157.91円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825
 6月計      37,324      27,938     65,262

 7月 4日    10,305      5,816     16,121

 7月計      10,305      5,816     16,121

 合 計      149,536      17,560    167,096

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2023/06/30

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 約定なし
 
 USD 145.002 新規売り 決済売り

   
30日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は続伸
終値は前営業日比285.18ドル高の34407.60ドル

5月米個人消費支出(PCE)価格指数(デフレーター)が鈍化したことで、米インフレ懸念が後退、米長期金利が低下し、ハイテク株を中心に買いが集まった

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反発
同196.59ポイント高の13787.92


30日のニューヨーク原油先物相場は3日続伸
WTI8月限の終値は前営業日比0.78ドル高の1バレル=70.64ドル


30日のニューヨーク金先物相場は4営業日ぶりに反発
COMEXで取引の中心となる8月限の終値は前営業日比11.5ドル高の1トロイオンス=1929.4ドル

 
30日のニューヨーク外国為替市場でドル円は4営業日ぶりに反落
終値は144.31円と前営業日NY終値(144.76円)と比べて45銭程度のドル安水準

政府・日銀による為替介入への警戒が高まる中、週末を控えたポジション調整目的の売りが優勢となった

本日の参考レンジ
ドル円:144.21円 - 145.07円
ユーロドル:1.0835ドル - 1.0932ドル
ユーロ円:156.70円 - 157.88円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,453   △ 15,325  △  3,872
 2月計      16,125      3,159     19,284
 3月計      35,224   △  13,409     21,815
 4月計      14,528      1,133     15,661
 5月計      24,577      8,248     32,825

 6月 6日    2,502       739     3,241
 6月13日    2,370      3,936     6,306
 6月14日    2,503       178     2,681
 6月15日    7,880      5,737     13,617
 6月16日    8,035      6,244     14,279
 6月22日    8,016      6,517     14,533
 6月30日    6,018      4,587     10,605

 6月計      37,324      27,938     65,262

 合 計      139,231      11,744    150,975

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »