千通貨単位の業者

  • HIROSE-FX
  • FXプライムbyGMO
  • MATRIX TRADER
  • FXブロードネット
  • 外為ジャパン
無料ブログはココログ

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

今日の日記 2024/02/22

今日の結果

 NZD 93.000 新規売り 決済売り
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 99.000 新規売り 決済売り
 
 USD 約定なし

   
22日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続伸
終値は前営業日比456.87ドル高の39069.11ドル

市場予想を上回る四半期決算や業績見通しを発表した米半導体大手エヌビディアが16%超急伸すると、投資家心理が強気に傾き、ハイテク株や半導体株を中心に買いが膨らんだ

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに大幅反発
同460.75ポイント高の16041.62


22日のニューヨーク原油先物相場は続伸
WTI4月限の終値は前営業日比0.70ドル高の1バレル=78.61ドル

 
22日のニューヨーク金先物相場は続落
COMEXで取引の中心となる4月限は前営業日比3.6ドル安の1トロイオンス=2030.7ドル


22日のニューヨーク外国為替市場でドル円は続伸
終値は150.53円と前営業日NY終値(150.30円)と比べて23銭程度のドル高水準

NYの取引時間帯に入り、前週分の米新規失業保険申請件数が予想より強い内容だったことが分かると全般ドル買いが活発化

本日の参考レンジ
ドル円:150.02円 - 150.69円
ユーロドル:1.0803ドル - 1.0888ドル
ユーロ円:162.56円 - 163.47円

 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,538      2,793     14,331

 2月 1日    3,520   △  708     2,812
 2月 2日   2,008      23     2,031
 2月 8日   5,006      1,083     6,089
 2月 9日    2,608      997     3,605
 2月12日    1,502       117    1,619
 2月13日    3,104      1,669     4,773
 2月22日    26,816     12,181     38,997

 2月計      44,564      15,362     59,926

 合 計      56,102      18,155     74,257

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2024/02/12

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 97.502 新規売り 決済売り
 
 USD 約定なし

   
12日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発
終値は前営業日比125.69ドル高の38797.38ドル

米経済の軟着陸(ソフトランディング)への期待から買いが入ったものの、明日13日に1月米消費者物価指数(CPI)の発表を控えて様子見ムードも強く、上値は限定的

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反落
同48.11ポイント安の15942.55


12日のニューヨーク原油先物相場は6日続伸
WTI3月限の終値は前営業日比0.08ドル高の1バレル=76.92ドル

 
12日のニューヨーク金先物相場は3日続落
COMEXで取引の中心となる4月限は前営業日比5.7ドル安の1トロイオンス=2033.0ドル


12日のニューヨーク外国為替市場でドル円は小反発
終値は149.35円と前営業日NY終値(149.29円)と比べて6銭程度のドル高水準

日銀の低金利政策が続くとの見方が強まる中、日経平均先物の大幅上昇とともにリスク選好の円売り・ドル買いが出た

本日の参考レンジ
ドル円:148.93円 - 149.48円
ユーロドル:1.0756ドル - 1.0806ドル
ユーロ円:160.38円 - 161.10円

 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,538      2,793     14,331

 2月 1日    3,520   △  708     2,812
 2月 2日   2,008      23     2,031
 2月 8日   5,006      1,083     6,089
 2月 9日    2,608      997     3,605
 2月12日    1,502       117    1,619

 2月計      14,644      1,512     16,156

 合 計      26,182      4,305     30,487

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2024/02/09

今日の結果

 NZD 91.500 新規売り 決済売り
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 約定なし
 
 USD 約定なし

   
9日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落
終値は前営業日比54.64ドル安の38671.69ドル

米連邦準備理事会(FRB)による早期利下げ観測が後退する中、米長期金利の上昇で株式の相対的な割高感を意識した売りが出た

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸
同196.95ポイント高の15990.66


9日のニューヨーク原油先物相場は5日続伸
WTIで3月限の終値は前営業日比0.62ドル高の1バレル=76.84ドル

 
9日のニューヨーク金先物相場は続落
COMEXで取引の中心となる4月限は前営業日比9.2ドル安の1トロイオンス=2038.7ドル


9日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3営業日ぶりに小反落
終値は149.29円と前営業日NY終値(149.32円)と比べて3銭程度のドル安水準

日銀の低金利政策が続くとの見方が強まる一方、堅調な米雇用情勢などを背景に米連邦準備理事会(FRB)の早期利下げ観測は後退しており、円売り・ドル買いが出やすい地合いとなった

本日の参考レンジ
ドル円:149.02円 - 149.58円
ユーロドル:1.0762ドル - 1.0795ドル
ユーロ円:160.77円 - 161.26円

 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,538      2,793     14,331

 2月 1日    3,520   △  708     2,812
 2月 2日   2,008      23     2,031
 2月 8日   5,006      1,083     6,089
 2月 9日    2,608      997     3,605

 2月計      13,142      1,395     14,537

 合 計      24,680      4,188     28,868

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2024/02/09

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 111.000 新規売り 決済売り
 
 AUD 約定なし
 
 USD 約定なし

   
8日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら3日続伸
終値は前営業日比48.97ドル高の38726.33ドル

決算内容が好感されたウォルト・ディズニーが買われ、相場を下支えした

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も小幅に3日続伸
同37.07ポイント高の15793.71


8日のニューヨーク原油先物相場は4日続伸
WTIで3月限の終値は前営業日比2.36ドル高の1バレル=76.22ドル

イスラム組織ハマスが提示した休戦案をイスラエルが拒否し、中東情勢の緊迫化が続くことへの懸念で原油は大幅続伸した

 
8日のニューヨーク金先物相場は3日ぶりに小幅安となった
COMEXで取引の中心となる4月限は前営業日比3.8ドル安の1トロイオンス=2047.9ドル

この日発表の米新規失業保険申請件数や12月米卸売売上高が予想比強い結果となったこともあり、米長期金利が上昇し、金利が生じない金は売りに押された


8日のニューヨーク外国為替市場でドル円は続伸
終値は149.32円と前営業日NY終値(148.18円)と比べて1円14銭程度のドル高水準だった

内田真一日銀副総裁が東京時間に「仮にマイナス金利を解除しても、その後にどんどん利上げをしていくようなパスは考えにくく、緩和的な金融環境を維持していくことになる」と発言したことを受けて、日銀の低金利政策が続くとの見方が強まると、海外市場に入っても円売りが続いた
一方、堅調な米雇用情勢などを背景に米連邦準備理事会(FRB)の早期利下げ観測は後退しており、ドルは引き続き買われやすい地合いとなった

本日の参考レンジ
ドル円:147.93円 - 149.48円
ユーロドル:1.0742ドル - 1.0789ドル
ユーロ円:159.47円 - 160.99円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,538      2,793     14,331

 2月 1日    3,520   △  708     2,812
 2月 2日   2,008      23     2,031
 2月 8日   5,006      1,083     6,089

 2月計      10,534      398     10,932

 合 計      22,072      3,191     25,263

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2024/02/02

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 約定なし
 
 USD 148.003 新規売り 決済売り

   
2日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は続伸
終値は前営業日比134.58ドル高の38654.42ドル

1月米雇用統計の上振れを受けて米早期利下げ観測が後退すると売りが先行したものの、売り一巡後は買い戻しが優勢となり上げに転じた

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は大幅に続伸
同267.31ポイント高の15628.95


2日のニューヨーク原油先物相場は3日続落
WTI3月限の終値は前営業日比1.54ドル安の1バレル=72.28ドル

 
2日のニューヨーク金先物相場は5営業日ぶりに反落
COMEXで取引の中心となる4月限の終値は前営業日比17.4ドル安の1トロイオンス=2053.7ドル


2日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3営業日ぶりに大幅反発
終値は148.38円と前営業日NY終値(146.43円)と比べて1円95銭程度のドル高水準

米労働省が発表した1月米雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比35.3万人増と予想の18.0万人増を上回り、失業率が3.7%と予想の3.8%より強い内容だったことが分かると、米長期金利の上昇とともに全般ドル買いが先行

本日の参考レンジ
ドル円:146.24円 - 148.58円
ユーロドル:1.0780ドル - 1.0898ドル
ユーロ円:159.05円 - 160.26円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,538      2,793     14,331

 2月 1日    3,520   △  708     2,812
 2月 2日   2,008      23     2,031

 2月計      5,528   △  685     4,843

 合 計      17,066      2,108     19,174

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

今日の日記 2024/02/01

今日の結果

 NZD 約定なし
  
 CAD 約定なし
 
 AUD 96.000 新規買い 決済買い
 
 USD 145.995 新規買い 決済買い

   
1日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発
終値は前営業日比369.54ドル高の38519.84ドル

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発
同197.63ポイント高の15361.64


1日のニューヨーク原油先物相場は続落
WTI3月限の終値は前営業日比2.03ドル安の1バレル=73.82ドル

 
1日のニューヨーク金先物相場は4日続伸
COMEXで取引の中心となる4月限の終値は前営業日比3.7ドル高の1トロイオンス=2071.1ドル


1日のニューヨーク外国為替市場でドル円は続落
終値は146.43円と前営業日NY終値(146.92円)と比べて49銭程度のドル安水準

前週分の米新規失業保険申請件数や10-12月期米単位労働コスト・速報値が予想よりも弱い内容だったことが分かると、米長期金利の低下とともに全般ドル売りが優勢に。
前日の安値146.01円を下抜けて一時145.90円まで値を下げた

本日の参考レンジ
ドル円:145.90円 - 147.11円
ユーロドル:1.0780ドル - 1.0875ドル
ユーロ円:158.08円 - 159.21円
 

両建てナンピン、俺のやり方は適度なもみ合い相場で利益がでる
一方的な上げ下げは損切りが痛い
極端に小さいもみ合いは約定しない
   
 
 
        為替損益   スワップ損益    計


12月計 0 0 0
 1月計      11,538      2,793     14,331

 2月 1日    3,520   △  708     2,812

 2月計      3,520   △  708     2,812

 合 計      15,058      2,085     17,143

 

税金の関係で、毎年の利益目標(現金ベース)は20万円
   
 
(重要ルール)
 トラリピは下がれば買い、上がれば売りの逆張りだ。相場が一定のレンジの中で動くときは、楽に利益を上げられる。
 しかし、レンジが大きく変化したときは、そのレンジに合わせて、ポジションを組み換えなければならない。
 具体的には、相場が大きく下がった時には、そのレンジに合わせるため、高値買いのポジションを損切りし、安値で買いなおすのだ。

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »